Santsubu ni Tane  
  旬彩食堂「三粒に種」、地元野菜と米にこだわる  
トップページ テイクアウト
 
 
   
 
■ 泉州野菜へのこだわり
都市近郊型の農業が発展した泉州地域。この地域で作られる野菜が泉州野菜と呼ばれています。

泉州野菜には優れた野菜が多種多様、数多くあります。泉州野菜の代表格である水ナスは握ると本当に水がしたたるほどジューシーな茄子です。これを朝漬けにした水ナスの朝漬けは、最近では数多くのメディアに取り上げられており、全国的に有名になりました。また水ナス以外にも水分量が多く、甘みの強い玉ねぎ。世界一甘い桃としてギネスに認定された包近(かねちか)の桃。季節ごとに趣の違う泉州野菜の美味しいポテンシャルを存分にお楽しみください。

都市近郊という特徴を生かした軟弱野菜など数え出すときりがないくらいです。当店では、岸和田市、貝塚市、阪南市などの契約農家様から直送の野菜はじめ、味もよく鮮度も抜群な泉州野菜を使っています。
■ お米へのこだわり
当店のお米は、すべて阪南市の米農家『吉栄』さんに作っていただいております。吉栄さんが作るお米は、一般的に出回っている成熟米ではなく、青米と呼ばれています。  

青米は成熟米に比べ、糖の比率が数倍高く、噛めば噛むほど甘みを強く感じることができます。栄養素も成熟米の2〜3倍高く、この栄養価の高さをさらに生かす為に、7分づきで精米してあるのも特徴です。

とてもおいしいお米なのに初めてお聞きになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。青米は未成熟米であるため粒も小さく、量が取れないという事で、一般市場に流通することはほとんど無いお米です。
農家直送ならではの甘いお米を是非ご賞味ください。
 
  旬彩食堂「三粒に種」
〒596-0102 大阪府岸和田市山直中町511-1
TEL:072-425-2984